末石窯

ガーデニング初心者に必要な道具と園芸用品とは?使い方も解説

ガーデニング用品

 

ガーデニングで最初に揃えるべき道具と使い方について

 

この記事を読むための時間:3分

 

「ガーデニングを始めてみよう!」そう思っても最初は何を揃えて良いか分からない、という人は多いのではないでしょうか。

 

園芸用品売り場に行けば、例えばジョウロ一つとっても様々な大きさや種類があり、初心者はどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで、今回はガーデニング初心者に必要な道具や園芸用品と使い方について解説しますので、参考にしてみてください。

 

 

ガーデニング初心者が揃えるべき道具と使い方

 

ガーデニングの道具や園芸用品は様々な種類がありますが、初心者が最初から全て揃えるのは大変です。そこでここではガーデニング初心者が必要最低限揃えるべきアイテムをご紹介します。

 

スコップ

 

土を掘ったり、プランターに詰めたりするためのスコップは、ガーデニングでは必需品です。様々な種類がありますが、最初はプラスチック製の軽いもので、スコップのすくう部分にメモリが付いているものが、扱いやすく何cmくらい掘ったかをすぐに確認できるのでおすすめです。

 

熊手・スキ

 

ガーデニングを始めるのならば、まずは庭を開拓しなければなりません。熊手やスキは雑草を抜く時に便利ですよ。熊手とスキ、どちらにするかは庭の広さで決めましょう。広い範囲ならスキがおすすめです。

 

スキを使って耕すまでもないと思ったのなら、熊手で十分でしょう。

 

ジョウロ・ホース

 

植物に水をやるためのジョウロも、ガーデニングには必須の道具です。ジョウロも形や容量が様々ですが、おすすめは軽いプラスチック製で、先端がシャワー式になっている物です。先端がシャワー式になっていれば、水を優しく均等にまくことができるので、初心者には使いやすいですね。

 

また、もし庭が広く、水やりの範囲も広いのであれば、何度もジョウロに水を汲んで運ぶ必要が無くなるホースがおすすめです。

 

園芸バサミ

 

植物がだんだん育つにつれ、必要ない枝やつるを切るために、園芸バサミが必要となります。園芸バサミは刃が鋭い物を選びましょう。なぜなら、切れ味が悪いと枝などを切るときに切り口を潰してしまい、植物にダメージを与えてしまうからです。

 

またこの切れ味を維持するために定期的なお手入れも必要です。

 

軍手

 

ガーデニングをする際は軍手をしましょう。ガーデニングでは道具を使ったり、植物に触れたりする際に、手を痛めたり怪我をしたりする恐れもあります。軍手は手の平側がゴムなどで、コーティングされている物が滑り止めにもなるのでおすすめです。

 

汚れ除けのエプロン、ひざ当て

 

ガーデニングでは土を触るので、服が汚れがちです。土汚れは落ちにくいので、土汚れ対策にエプロンを用意すると良いでしょう。また地面を掘るなど、足元で作業することが多いガーデニングでは、ひざ当てもあるとひざをついて作業できるようになるので楽ですよ。

 

日差し除けの帽子

 

天気の良い日に太陽の下に長くいると、熱中症になる危険もあります。春や秋など熱中症の危険がなさそうな時期でも、太陽の下で黙々と作業していると、意外と熱中症にかかってしまうことがあります。

 

ガーデニングをする時は、必ず熱中症予防のための日除け帽子をかぶるようにしましょう。日差しを広く遮るつばが大きく、風通しの良い素材でできたものがおすすめですよ。

 

 

必要な道具を揃えてガーデニングを始めよう!初心者は使いやすさを重視

 

ガーデニングを始めるには、最低限の道具を揃える必要があります。道具はそれぞれピンキリですが、高ければ必ずしも良いというわけではありません。初心者は使いやすさを重視して選ぶようにしましょう。

 

末石窯では、初心者の人でも花を素敵に飾ることができる、備前焼の鉢や花瓶などのアイテムを揃えております。ガーデニングを始めるのならば、お気に入りの鉢から育ててみるのもおすすめですよ。

 

 

コメントは受け付けていません。