末石窯 「末石窯」では備前焼の伝統を守りながら、現代の流行に合わせて進化した作品を取り揃えております。

備前焼の手入れとは? 味が出る使い方と長持ちの秘訣

 

備前焼の手入れとは? 味が出る使い方と長持ちの秘訣

 

この記事を読む時間3分

 

見た目にもなめらかな質感と、深みのある落ち着いた趣の備前焼は素敵ですよね。

 

こうした備前焼は、焼き上がった最初から出てくる味わいではありません。手にかけて使っていくうちに年数をかけてようやく出てくる美しさで、それなりの手入れが必要になってきます。

 

また、備前焼はその丈夫さや、独特な触り心地で人気がありますが、いくら丈夫といっても使い方や手入れの方法には、ちょっとした気配りが必要です。

 

大切に使うことで何代にわたって使い続けることができますから、艶のでる手入れ方法と長持ちさせる秘訣を知って、美しい備前焼を保ち続けましょう。

 

 

エイジングを生かした手入れ方法

 

年数が経つほどに、なめらかな艶が出てくるのが備前焼の特徴ですから、「エイジング効果」を生かしたお手入れ法は、ぜひ知っておきたいですよね。

 

やすりはかけないで

 

備前焼の特徴でもある、凸凹やザラザラの質感をすべすべにしようとして、やすりなどで擦ってしまわないように。内側の土が出てきて余計ザラザラになったり、欠けてしまうこともあるので、備前焼にやすりをかけることは避けましょう。

 

凸凹溝の油や汚れはきれいに

 

備前焼は、凸凹した溝に油分や汚れがたまってしまうことが多く、そこは定期的に掃除の必要があります。

 

特別な薬品や道具は必要ありません。常温の水を入れた大き目の鍋に備前焼を入れて、ゆっくり沸騰するまで温度を上げていきます。こうして頑固な汚れを取り除き、殺菌することができ、さらに備前焼の強度を高めることもできちゃうんです。

 

使っているうちにつく茶渋やコーヒーの染みは、ごく薄めた漂白剤できれいにすることができますよ。

 

 

特に備前焼の使い始めに注意したいこと

 

備前焼は釉薬を使わないので、ガラスコーティングしていない状態です。

 

ですから、はじめは表面についたザラザラとした粘土の塊や、薪の灰が気になることがありますので、使いはじめはやわらかい素材のスポンジなどで水洗いしてから、使用するようにしてください。

 

このザラザラした表面には油分や汚れ、水分が入り込みやすく、コップや深い茶碗だと手を入れて洗いにくいので、使いはじめの数か月は使用前に30分ほど水につけておくと、汚れや水分が落ちやすくなります。

 

他の食器と同じように食器洗剤を使用しても大丈夫ですが、食洗器や乾燥機は使わずに必ず自然に乾かしてください。

 

 

備前焼の長持ちさせる使い方とは

 

備前焼は、急激に加熱したり冷やしたりしない限り割れる心配はいりません。料理を盛りつけたお皿にラップをかけ、冷蔵庫に保管することもできますが、電子レンジ、ガスコンロ、IH、直火での使用はひび割れや割れる原因に。

 

備前焼のビアグラスを冷蔵庫で冷やして飲むビール、憧れますよね。でもここでも注意です。常温の冷えてないビールを冷えた備前焼のグラスに注ぐと、温度差で割れてしまうこともあるんです。

 

また、梅雨の時期などは湿気によって備前焼がカビたり、欠けることもあるので、梅雨時は特にしっかりと乾かし、乾燥材を入れておくこともおすすめします。

 

 

急激な温度変化に一番気を付けて

 

とても頑丈で機能性に優れている備前焼は人気のある焼き物です。しかも手入れは基本的には簡単で、少し気を配るだけで長年使えて、年を経るごとに艶と味わいが増します。

 

ぜひとも普段の生活で使ってみたい備前焼ですが、急激な温度の変化がひび割れや劣化の一番の原因になるので、極度に熱すぎる物や、冷たすぎる物を入れることは控えましょう。

 

備前焼は使えば使うほど手に馴染んでなめらかになり、色も深くなってきます。気に入って購入した備前焼は、適切にお手入れしてエイジング効果を待ちたいですね。

 

 

コメントは受け付けていません。